川内印刷株式会社
総合印刷 会社情報 トップに戻る
上枠
左枠

  1. 仕上がりサイズで作成されていますか?
    Illustratorで制作される場合はトンボが必要です。トンボは印刷仕上がりサイズに基づいて正確に作成してください。
  2. 塗り足し部分は大丈夫ですか?
    塗り足し部分(天地左右に3ミリの余白をつけてください)を含めたサイズで作成してください。塗り足し部分は断裁されてしまいますので文字などは入れないでください。
    推奨解像度は350dpiです。(解像度を350、画像モードをCMYKカラー)
  3. カラーモードはCMYKもしくは、グレースケールにしてください。
    入稿データがRGBモードや特色であった場合はこちらでCMYKに変換させていただく場合がございます。その際、色調が変化しますので、ご了承ください。
  4. 黒1色面はグレースケールで作成してください。
    CMYK各色が同濃度の場合(例えばCMYK各色50%など) やRGBモード、レジストレーションカラーになっていると、一見グレースケールに見えるものでも4色となってしまいますのでご注意ください。 また、画像もグレースケールモードに変換してください。
  5. フォントは全てアウトライン作成してください。
    使用したフォントは全てアウトライン作成してください。アウトライン作成のされていない場合、意図せず、他のフォントに置き換わってしまいます。
    また、空のテキストボックスが残ってしまっている場合、エラーの原因になりますので、必ず削除してください。
  6. リンク画像など必要なデータはまとめてください。
    印刷に必要なデータ(ドキュメント・リンク配置画像)は全て1つのフォルダにまとめてください。
    イラストレーターなどで配置されている画像のリンクが切れていると画像が抜けた状態で印刷されてしまいます。
  7. レイヤーは統合してください。
    レイヤーは入稿前に全て統合してください。
  8. 仕上がり見本を添付してください。
    データチェック時の参考にさせていただきますので、必ず入稿データとともに原稿仕上がり見本をお送りください。
    ※細部のチェックや文字校正は行いません。文字化け・抜け、画像抜け等の体裁の確認用として使用します 送付いただいた仕上がり見本にあわせた色再現の保証はございません。

  1. 塗り足しの作成
    3mm以上余裕を持って作成し、ぎりぎりに文字を置かないようにしてください。写真などを仕上がりぎりぎりまで配置するとき、断ち切りにするときに、印刷時の微妙な用紙のブレや断裁時のズレを想定し、あらかじめ仕上がりサイズから天地左右3mmの余裕を持たせるのがルールになっています。この天地左右3mmの余裕を「塗り足し」といいます。
    塗り足しが足りないと、断裁時にズレが生じた場合、白地部分が出てしまいます。その場合のクレームはお受けできません。また、最終的には切り落とされる部分なので、文字など大事な情報は塗り足しに出ないようにしてください。
  2. 画像解像度に注意
    解像度(dpi)は、デジタル画像のきめの細かさを表すものです。
    印刷に使用される画像解像度は350~400dpiを目安としてください。
    上記以外の極端に低い解像度の場合、印刷すると粗い画像になってしまいます。
  3. 4色ベタに注意
    黒でも、CMYを混色することで、濃度のある黒(リッチブラック)ができます。しかし、CMYK各色の合計が400%となる『4色ベタ』にしてしまうと、印刷後のインキが乾燥できず、用紙に汚れとして付着してしまったり、裏付きの原因になります。
    複数の色を掛け合わせる場合は、コート紙は合計350%以内、マットコート紙は合計300%以内で作成して下さい。

  1. ワード、エクセル、パワーポイント等(Windows版Microsoft office)で入稿される場合には入稿されてから一度こちらで印刷用のデータに置き換えたデータをPDFもしくはFAXまた出力したもので確認して頂く場合がございます。
  2. 理由
    ・ソフトの用途が印刷向きには作られていないため
    ・色味が変わるため
    ・お客様がデータ作成時に使用したフォントが当社になかった場合、書体が変わってしまいます。

  1. バックアップを必ずとって下さい。
    お預かりしたメディアは、慎重に取り扱いますが、予期せぬデータクラッシュが発生した場合の責任は負いかねます。
  2. ページ物を作成される場合は、必ず1Pごとに作成して下さい。
  3. データの作成サイズは、必ず出力サイズと同じにして下さい。
  4. 不必要なデータは添付しないで下さい。
    他の作品データや、制作途中の別名保存された不完全なデータなどがあるとトラブルの原因になります。
  5. ウィルスチェックをお忘れなく。
  6. 出力見本を必ず入れて下さい
    プリンタの出力どおりの色に仕上がる事はないです。
    出力見本とデータの内容が異なる時には、必ずその部分を指示しておいて下さい。(どこが違うのか見本に記入して下さい。)


右枠
Copyright©2011 Sendai Printing Corp. All Rights Reserved